愛猫ちゃんのキャットウォークを壁に穴を開けないで自作してみた!簡単に1日で完成できる作り方!

壁に穴をあけない簡単キャットウォークの作り方を自作したキャットウォークの画像で説明。DIY
お悩み
  • 壁に穴を開けないキャットウォークが欲しい。
  • 自由にレイアウトできるキャットウォークが欲しい。
  • キャットウォークの費用を抑えたい。
  • キャットウォークを簡単に作りたい。
  • 猫ちゃんの運動不足解消やストレス解消したい。

キャットウォークは、昇り降りだけのキャットタワーより猫ちゃんが移動できたり遊んだりと自由に動ける設備のこと。

ショコさん
ショコさん

キャットウォークは運動不足解消はもちろんストレス解消にもぴったりニャ。

でも、キャットウォークの市販品は壁に穴を開けて取り付けるものがほとんど。失敗したりレイアウトを変えたくなっても元に戻せないですよね。

本記事では、壁に穴を開けないで簡単にキャットウォークを自作できる作り方を画像付きで紹介します。

ぜひ初心者でも簡単にできるので、キャットウォーク作りの参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

愛猫ちゃんのキャットウォークを壁に穴を開けないで簡単に自作してみた!

わが家の猫ちゃん用に自作したキャットウォーク全体の写真

わが家の猫ちゃん用にキャットウォークを自作しました。

ラブリコを使用するので壁に穴を開けずに設置できます。

制作期間1日。制作費用約1万3千円。

制作当時の金額です

2023年1月現在、ウッドショックや物価上昇により木材などの金額が上がっています。

全長は、わが家のリビング(12畳)の壁一面ほどです。

わが家のリビング(12畳)の壁一面にある自作したキャットウォークを移動している猫のショコさんの写真
リビング左側から右側へ移動するショコさん

リビングの高窓をキャットウォークの一部に利用して、柱の数を節約しました。

わが家で使用した柱の数

2×4木材を8本

実家にあった端材を数枚再利用しました。そのため、足場の板の大きさがばらついています。

わが家で使用した足場の板の大きさと枚数
  • 長さ約60㎝×奥行約30㎝×厚み2㎝の板が3枚
  • 長さ約129㎝×奥行約30㎝×厚み1.3㎝の板が1枚
  • 長さ約100㎝×奥行約30㎝×厚み1.3㎝の板が1枚
  • 長さ約60㎝×奥行約25㎝×厚み1.3㎝の板が2枚
  • 長さ約40㎝×奥行約14㎝×厚み約1.5㎝の板が1枚

ちょっと劣化していた板には、裏側に補強材を取り付けました。

キャットウォークの足場に利用した板が劣化してたため裏側に補強材をとりつけた写真
板が劣化してる場合は補強材をつけましょう。

スポンサーリンク

壁に穴を開けないでキャットウォークを自作する道具と材料一覧

壁に穴を開けないで簡単なキャットウォーク作りに使用する道具と材料の一覧です。

使用する道具の一覧
道具名写真用途
電動ドライバー電動ドライバーの写真足場の板と柱を固定するときに使用
メジャーメジャーの写真設置場所の寸法や木材の長さを測るのに使用
脚立脚立の画像柱や足場の板を設置するときに使用
水平器水平器の写真柱や足場の垂直や水平をとるのに使用
紙やすり
(120番240番)
紙やすりの写真木材のバリや角をとるのに使用
ローラーまたはハケ刷毛とペイントローラーと受け皿の写真ペンキを塗るのに使用
使用する材料の一覧
材料名写真用途
ラブリコ2×4木材を柱にするのに使用
2×4木材
(8フィート)
2×4木材の8フィートの写真柱にするのに使用

(厚さ1.5㎝以上)
足場にするのに使用。
お好みの板にしてください。
厚さ1.5㎝以上の方が強度が安心できる
L字型棚受け
(耐荷重25kg)
足場の板を固定するのに使用
耐荷重があるものを使用した方が強度が出る
ペンキまたはニス
(お好みのもの)
木材

メジャーや水平器、ローラーなどは100均にもありますよ。

塗料をつかう場合、猫ちゃんに安全なものを選んでくださいね。

スポンサーリンク

壁に穴を開けない簡単なキャットウォークの作り方!図解あり

わが家のリビングに設置した自作のキャットウォークの一部の写真
わが家のキャットウォークの一部

壁に穴を開けないシンプルな簡単キャットウォークの作り方です。

手順は以下です。

  1. 手順①設置場所を決める
  2. 手順②設置場所の寸法チェック
  3. 手順③木材のカットをする
  4. 手順④木材のやすりがけをする
  5. 手順⑤木材のペイントをする
  6. 手順⑥柱を設置する
  7. 手順⑦柱に足場を設置する
なみ母さん
なみ母さん

1番時間がかかるのは手順⑤木材のペイント。

ペンキが乾くまでが長かったです。

手順①設置場所を決める

まずは、お部屋のどこに設置するかを決めましょう。

設置場所のポイント
  • 壁に沿った場所
  • 窓がある場所
  • キャットウォークの足場に人間がぶつからない場所
  • 猫ちゃんがよくいる場所
なみ母さん
なみ母さん

窓辺に隣接する場合、猫ちゃんの脱走防止をしっかりしましょう。

手順②設置場所の寸法チェック

設置場所の寸法を測ります。

寸法チェックする箇所
  • 床から天井までの高さ
  • 足場の長さ

柱をいくつ立てて、足場の長さや段差をいくつ作るのか考えましょう。

なみ母さん
なみ母さん

イメージしづらい時は簡単な設計図をかくといいですよ。

わが家のキャットウォークは下記の寸法です。

わが家で自作したキャットウォーク設計図の画像
図だと一段目と二段目の差が短いですが他の段と同様の段差です。

足場の段差は約40㎝くらいがちょうど良かったです。

床から一段目までの高さが約80㎝にしましたが、子猫だとジャンプするのがちょっと大変かもしれません。

なみ母さん
なみ母さん

わが家の猫ちゃんたちはテーブルまでの高さ(約80㎝)を飛べるのでこの高さにしました。猫ちゃんに合わせてくださいね。

わが家で自作したキャットウォークの東側の設計図の画像
上の画像の横壁の続きです

猫ちゃんはバックが苦手なのでキャットウォークの左右から昇り降りができるのが理想です。

ですが、わが家は昇り降り箇所が一つです。足場の板幅を約30㎝と広めにして足場でのUターンも可能しました。

自作したキャットウォークの足場が約30㎝と広めなため、猫が寝転がっても余裕があるところの写真
寝転がっても足場の幅に余裕があります

手順②木材のカット

2×4木材と足場の板を設置場所に合わせてカットします。

夫

わが家は安さでベニヤ板を使用したのですが、カットするのが難しく大変でした。

簡単さを求めると集成材などがおすすめです。

2×4木材は、天井から床までの長さからマイナス9.5cmした箇所でカット。

2×4木材を天井から床までの長さからマイナス9.5cmした箇所でカットする図
なみ母さん
なみ母さん

自分でカットするのが不安な方は、ホームセンターでカットしてもらいましょう。

手順③木材のやすりがけ

木材全体を紙やすり(120番)でざっとやすりがけします。

紙やすり(120番)で足場の板角を落とすと安全ですよ。

キャットウォークにつける足場の板角をやすりで丸くした写真
写真は塗装後に撮影しました。
なみ母さん
なみ母さん

角がとがったままだと、ぶつかったとき危ないので念のため削っておきましょう。

手順④木材のペイント

木材全体をお好みの色でペイントします。

ペンキを塗る時はローラーが塗りやすかったですよ。

ペンキの種類によっては、ペイントした後にニスが必要なものがあるので注意。

ペンキやニスなどの塗料は猫ちゃんのためにもしっかりと乾燥させましょう!

なみ母さん
なみ母さん

ペンキが乾いたら、目の細かいやすり(240番)でやすりがけすると手触りが良くなりますよ。

手順⑤柱を設置する

2×4木材にラブリコを取り付けて柱にします。

設置場所に置き、ラブリコのアジャスターで突っ張ります。

2×4木材にラブリコを取り付けてアジャスターで固定している写真

水平器で垂直をとり、しっかりと固定。

残りの柱も同様に設置しましょう。

ラブリコで猫の脱走防止スライドドアも自作できるので、取り付けの参考にしてみてくださいね。

手順⑥柱に足場を設置する

足場の位置を確認します。

さきに足場の板裏にL字型棚受けをつけます。

柱に仮止めしたら水平器でチェックしましょう。

水平がとれたら柱にしっかり固定します。

キャットウォークの柱に足場の板をL字型棚受けで取り付けているところの写真
ネジ穴に少し穴を開けておくとネジが入りやすいです。

1番上になる足場から設置するといいですよ。

なみ母さん
なみ母さん

下の段からつけると棚受けを固定するのに邪魔でした。

キャットウォークの一番上の足場が柱に設置できたところの写真
一番上の足場ができました。

1番上の足場と同様に、すべての足場の板を設置しましょう。

シンプルな簡単キャットウォークの完成です。

なみ母さん
なみ母さん

お疲れさまでした!

キャットウォークが完成して猫たちが遊んだり寝たりしているところの写真
完成したキャットウォークは猫ちゃんたちのお気に入り

シンプルなキャットウォークなので、お好みでカスタマイズしてくださいね。

下記のマネしたいアイディア5選を見てみましょう。

スポンサーリンク

自作キャットウォークのアイディア5選

いろんな種類のキャットウォークの図

マネしたい自作キャットウォークのアイディア5選は以下です。

  1. ①ベッド
  2. ②爪とぎ
  3. ③吊り橋
  4. ④ハンモック
  5. ⑤宇宙船

工夫しだいでおしゃれなキャットウォークにもなりますよ。

①ベッド

キャットウォークのどこかにベッドを置きましょう。

ベッドを置くだけなのでとても簡単。

なみ母さん
なみ母さん

高いところで寝るの好きニャ。

邪魔されないのがいいんだニャ。

自作したキャットウォークに猫ちぐらを半分だけ作った半ちぐらを置いて、その中で寝る猫のショコさんの写真
半ちぐらでいろんな寝かたを見せてくれるショコさん

わが家は猫ちぐらを半分だけ作ったベッドを置いています。

猫ちゃんがめっちゃ喜んだ、紙ひもでできる猫ちぐらの作り方は下記を参考にしてくださいね。

②爪とぎ

縦に爪とぎしたい猫ちゃんにピッタリ。

ショコさん
ショコさん

わたしは猫ちぐらを半分だけ作ったベッドでよく爪とぎするニャ。

柱に麻紐などを巻いて取り付けたり市販のものを設置してもいいですよね。

リペアロープなら柱にぐるぐる巻いて設置可能です。

③吊り橋

自作キャットウォークアイディア3選目は、吊り橋です。

キャットウォークに吊り橋を設置している方も多いですよ。

わが家でも今後作りたいものナンバーワンです。

市販品に組み立てるだけの簡単な吊り橋がありました。すぐ設置したい方には良さそうですね。

④ハンモック

自作キャットウォークアイディア4選目は、ハンモック。

ハンモックが好きな猫ちゃんも多いですよね。

足場の板に丸く通り抜けできる穴を開けて、その下にカタビラが固定できるネジを取り付けハンモックを設置できそうです。

わが家の猫ちゃんたちはハンモックを試したことないので、ぜひつけたいですね。

⑤宇宙船

自作キャットウォークアイディア5選目は宇宙船です。

透明のボールでくつろぐ猫ちゃんがとってもかわいいですよね。

これはわが家でも熱望してます。

100均にある調理用ボールで自作もできそうですが、猫ちゃんにはちょっと小さい。

100均の桶に入っているショコさんの写真
写真は100均の桶に入ってます

そして高い位置に設置するため、安全性も考慮するとやはり市販品を取り付けた方が良さそう。

宇宙船ボール単品も売っているので、足場の板に丸い穴を開けて設置できますよ。

サンシャイン池崎さんの家にある、横から見えるタイプの宇宙船もかわいいですよね。

上記の横から見えるタイプの宇宙船は、壁付けです。取り付ける場合は慎重にしましょう。

スポンサーリンク

まとめ|壁に穴を開けない簡単キャットウォークを自作したら猫ちゃん大喜び

1日で作れる簡単キャットウォークの作り方を紹介しました。

なみ母さん
なみ母さん

壁に穴を開けないので、いくらでも調節可能!

素人DIYでも安心して作れました。

アイディア次第で愛猫ちゃんがさらに喜ぶこと間違いなし。

ショコさん
ショコさん

キャットウォークあって良かったニャ!

もっと簡単にキャットウォークを設置したい方は、キャットウォーク仕様の家具を置くのもありですね。

ほかにも愛猫ちゃんのアイテムを作っているので記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました